忍者ブログ
           
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事検索
あいおいブックラボについて
HN:
あいおいブックラボ
性別:
非公開
自己紹介:
       
最新コメント
[02/12 井上 良子]
[02/12 田中司]
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



3月11日に発生いたしました地震により、日本中が不安定な状況が続いております。

我々主催団体の「あいおいブックラボ」も開催について協議した結果、規模を縮小して開催することを決定いたしました。また、微力ながら少しでもこの度の震災で被災された方々に思いを届けようと名称も「東北地方太平洋沖地震チャリティーイベント あいおい古本市」と変更させていただきました。各イベントの収益の一部と、会場で義援金を募集させていただき、日本赤十字社を通じて募金させていただきます。ご協力、よろしくお願い申し上げます。

近くならないとわかりませんが、お客様の地域の停電状況、また節電のこともあり、両日ともにイベント全体は17:00終了という結論に至りました。2時間分の営業時間短縮になり、残念ながらすべてのイベントプログラムについて時間の組み直しをさせていただくことになりました。時間変更で参加できなくなる方がいるかもしれないと思うと誠に心苦しいです。本当にすみません。

時間は変更になりましたが、変わらず楽しいイベントを目指して連日取り組んでおります。事情を察していただきまして御理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

各イベントの変更後の開催時間につきましては、当ブログにてご確認くださいませ。

※出久根達郎さんの講演のみ時間変更はありません。

PR


昨日は、プレイベント・トーク「あいおいブックラボは何をめざすのか?」へのたくさんのご来場ありがとうございました。事前告知したust中継は失敗してしまい申し訳ございません。録画したものを公開させていただきました。どうぞご覧くださいませ。


こちらです!
http://www.ustream.tv/recorded/12991930


プレイベント・トーク「あいおいブックラボは何をめざすのか?」
砂金一平×南陀楼綾繁×向井透史
2月27日(日) 17:00~19:00  開場16:30 
会場 相生の里 8階デイサービス  




インチキ手廻しオルガンのオグラさんの愉しいライブ。懐かしい曲もやっちゃいます!

オグラ(インチキ手廻しオルガンミュージシャン)
1965年静岡県生まれ。高校生の時、ラジオで聴いた友部正人の歌に驚愕。1985年より青ジャージ、1993年より800ランプのVoとしてバ ンド活動。2002年より自作の「インチキ手廻しオルガン」を廻しながら歌うスタイルでソロ活動開始。2006年2ndCD『オグラBOX 3枚組』(MIDI Creative)発表。東京を中心に各地で独自なライブを展開中。
http://ogurarara.com

 
3月27日(日) 15:30~17:00(注意・時間変更になりました)

会場 相生の里 8階デイサービス  
〒104-0051 東京都中央区佃3丁目1-15有楽町線・大江戸線「月島駅」2番出口出てまっすぐ徒歩3分。 TEL 03-5548-2490(事務局:砂金〔すながね〕、外山、竹田) 
http://www.aioinosato.jp/index.html 

投げ銭制 予約不要・お気軽においで下さい 


今年3月から中央区佃・月島を舞台に、新しいブックイベントを開始します。

団体名は「あいおいブックラボ」です。会場は〈相生の里〉という高齢者介護福祉サービス施設で、月島駅からほど近い相生橋のたもとにあります。晴海運河に面しており、春には桜がきれいに咲きます。

この施設の1Fに〈あいおい文庫〉という図書室があり、施設利用者以外にも開放されています。 そこの管理者である砂金一平が、地域の人たちにもっとこの場所のことを知ってほしいと考えたのがはじまりでした。
そして、砂金から打診を受けた早稲田〈古書現世〉の向井透史とライター・編集者の南陀楼綾繁が、「ここでしかできないブックイベントをやりたい」と思い、その考えに賛同してくれる人たちに声をかけたのです。 砂金が代表となり、向井が古本市部門、南陀楼がイベント部門の責任者となるとともに、地元で活動する出版社「アニカ」の佃由美子にもメンバーに加わってもらいました。

「あいおいブックラボ」のおもな活動は、以下の三点です。

(1)若手の古本屋による古本市の開催。
(2)本に関するイベントの開催。
(3)佃・月島の地域文化の紹介。

すでに行なわれているイベントと同じことをやってもしかたありません。この場所、この集まりでしかできないことをやりたいのです。 云ってみれば、「既視感のないイベント」です。
これからはじめる「あいおいブックラボ」を、本の可能性を少しでも広げるための実験場にしていきたいと、私たちは考えています。

スタートとなる第1回イベントは、桜の咲くころ、3月26日(土)、27日(日)の二日間開催する「あいおい古本市」です。地域や組合の枠を超えた11店舗が出店する古本市をメインに、講演、ワークショップ、展覧会、街歩きツアー、ライブなど8つのイベントを開催します。 各日どの時間帯にも、なんらかのイベントが行なわれているので、一日中いても、二日間通っても楽しめると思います。 各イベントの詳細は、このブログやチラシ、ツイッターで発表します。

新しいことをはじめるときは、いつもワクワクします。はじめるときのワクワク感を、何年経っても同じように持ち続けられるイベントにしていきたいと思います。 まだまだカタチも見えない状態ではありますが、たくさんの方々に参加していただき、楽しんでもらいたいです。どうぞ、ご期待ください。

あいおいブックラボ運営委員会
代表 砂金一平(あいおい文庫)
副代表 佃由美子(アニカ)
古本部門 向井透史(古書現世)
イベント部門 南陀楼綾繁(ライター・編集者)


忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=